×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


恋に落ちた七日間

恋に落ちた七日間

クレアのもとにある日、継母が訪ねてきた。
娘のテッサが素性もわからない男に夢中になり、スキャンダルに巻き込まれそうだというのだ。
異母妹とはいえ、駆け落ちでもされたら一大事。
クレアは探偵を雇って男の身辺を探りつつ、自らその男とテッサが出席しているパーティーに乗り込んだ。
そこで優雅に踊る紳士は、なんと昔クレアが思い焦がれた使用人のユアンではないか。
十年前に突然、姿を消した彼が、今なぜここに? そして、どうして妹に近づいたりしたの?高潔な聖職者だった父親の死後、エマ・リンに遺された財産はほとんどなかった。
自活することを余儀なくされた彼女はかつて自分の子守をしてくれたマーサ・ラッジのもとへ身を寄せ、得意な料理の腕を生かしてラッジ夫妻の経営する小さな宿屋で働き、生計を立てていた。
そんな折、ベネディクト・グラントリーという貴族が宿を訪れ、たちまち村人たちの耳目を集める。
でも……あんなに都会的で洗練された人がいったい何をしにこんな田舎までやってきたの?エマの興味は尽きなかった。
カシアが働くグラナダの豪華ホテルに、スペインでも指折りの貴族、シモン・モンドラゴン侯爵がやってきた。
優雅で魅力的な侯爵は、いかにも遊び慣れたふうで、カシアにも親しげに声をかけてくる。
数日後、侯爵は彼女をディナーに誘った。
「君に提案があるんだ。
僕のスイートルームで食事をとろう」カシアは耳を疑った。
提案というのはいったいなにかしら。
まさか、つかのまの情事なんかじゃないわよね?エミリーは砂漠の王国カズバーンへやってきた。
兄が作った借金の返済を延ばしてもらうためだ。
借金の相手であるプリンスにあと二カ月待ってほしいと伝えたところ、彼は耳を貸そうとせず、すぐにも全額返すよう迫ってきた。
踏み倒すつもりはないのに、なぜこうもわからず屋なの?憤慨したエミリーの目の前にプリンスが立ちはだかり、いきなり彼女の髪どめを取った。
流れ落ちる金髪に、荒々しく鋭い眼光が向けられる。
「君はお兄さんから、女の魅力で迫ってこいと言われたんだろう」雑誌に掲載された男の写真を見て、ジェスは身を震わせた。
キャラハン――父の会社を倒産に追い込んだ男だ。
いつか彼に復讐してやりたい。
そのとき偶然にも、キャラハンがジェスのいる店に入ってきた。
彼への恨みを晴らすなら、今をおいてほかにないだろう。
ジェスは彼に歩み寄ると、手にしたカクテルを顔に引っかけた。
「あなたは根性の腐った人でなしよ!」言い放った瞬間、ジェスは息が止まったような気がした。
彼のサファイアのような青い瞳に射すくめられたからだ。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011504



Copyright © 2009 恋に落ちた七日間 All rights reserved