×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

残酷な真実

出版社を経営するエリオット家の令嬢ブリジットは、一族の秘密を暴く本を出版する計画を立てていた。
だが、そのために重要な情報を求めて訪れたコロラドで、事故に遭っていっさいの記憶を失ってしまう。
ベッドで目を覚ましたとき、マックという男性が目の前にいたが、なぜかそのあとも彼は献身的に面倒を見てくれる。
自分の名前さえも思い出せないけれど、彼のそばにいられるのならずっとこのままでもいい。
そう願い始めたとき、ブリジットは思わぬ真実を知る。
久しぶりに実家に帰ったローズ・ウインドクロフトのもとを思いもよらない人物が訪ねてきた。
数カ月前、一夜だけのすばらしい時間を過ごしたトム!私を夢中にさせて、何も言わずに去っていった男性――そして今や、私のおなかにいる子どもの父親である人だ。
だが、やっと会えたトムに駆け寄ろうとしたローズに向かって、彼は驚くべき言葉を口にする。
トムがデヴリン家の一員であることが最近判明した、と。
なんですって?ウインドクロフト家の敵と言われるデヴリン家の?その場に立ち尽くしたまま、ローズは青ざめた顔で思いを巡らせた。
この妊娠を、絶対にトムに知られるわけにはいかない。
真夜中の館と呼ばれる屋敷を見上げながら、シリーニは自分の幸運に胸をはずませた。
インテリアデザイナーのシリーニは、住み込みでこの壮大な屋敷の改修を手伝うことになった。
館の主エイドリアンは、扱いにくい人だというが、こんなすてきな屋敷に住めるのならそんなことはかまわない。
だが、その夜、眠れないままにベッドを抜け出した彼女は男性の声に思わず立ちすくんだ。
「暑くて眠れないのか?」幻かとみまがうほどハンサムな男性が、じっとこちらを見ている。
なんてすてきな男性。
だけど、なぜあんなに悲しそうなの?リーニーはなぜか胸騒ぎを覚え、その場に立ち尽くした。
ドナはひさしぶりに故郷に戻ってきた。
十五年前、ドナは恋人マックのいとこジェイクにひそかに許されざる思慕の念を抱いていた。
そしてある夜、偶然二人きりになったとき、思いのたけをすべてジェイクにぶつけたのだ。
だが、その直後、マックが突然の事故で亡くなり、罪悪感を抱えたままドナは故郷を離れた。
今、目の前にいるジェイクを見て、ドナの心臓は高鳴っていた。
だけど、決してこの気持ちを口にすることはできない――あの夜に生まれた秘密を彼に知られてはならないのだから。
家庭を顧みない父に傷つけられた経験を持つデイジーは、誠実な結婚相手を探し求めていた。
親友の婚約パーティでついに運命の男性チャールズに出会う。
絵に描いたように理想的で優しい彼に気を許し、デイジーは情熱のままに彼のベッドで一夜を過ごした。
だが腕に抱かれて会話をするうち、思わぬ事実が発覚する――彼はふだんチャンス≠ニいう愛称で呼ばれているというのだ。
チャンスといえば、親友の兄で、女泣かせともっぱらの噂だ。
最も避けるべきタイプの男性だったことに愕然とし、彼女は別れの言葉も告げずに逃げ帰った。
ところが二カ月後、デイジーは体調の変化に気づき……。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60017368