×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

御用牙(3)

護送中の下手人が脱走した! 追いつめた半蔵だが、なにかワケありの様子。
男はとある村の村人全員が口裏を合わせ、殺人者の濡れ衣を着せられていた。
はたしてその村に何があったのか!?半蔵に恨みを抱く悪党たちが小伝馬町の牢屋敷を乗っ取った!! 牢奉行たちを人質に半蔵の身柄を渡せと脅かすが…!?離縁のかけこみ訴えが相次いだ――。
いずれの女房も不倫担保保証文(将来離縁しないことを約束したもの)を取っていた…。
キナ臭さを察知した半蔵は訴えた美形の若女房をもっこ攻めにかける…。
江戸市中に「黒元結連」というまげの本結を黒くしたスリの徒党が横行していた! 投獄されていたスリ集団を使って秘密を探った半蔵だが、そこには恐るべき謀略が隠されていた!常磐津の女師匠殺しで捕らえた犯人、役者の文七を責めにかける半蔵。
しぶとく白状しない文七にひどくなる拷問、これが江戸市中で評判になり、半蔵の面目は落ちる…その真意は…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008589



menu